補色
枇杷色の茶碗に抹茶の緑が美しく映えるのは双方がほぼ補色の関係にあって色彩の対比が鮮やかであるからなんですが、透明な煎茶となるとそれが裏目に出るようです。
井戸ぐい呑みを煎茶碗に用いたところ、どうも美味くない・・・
緑の透明色が枇杷色と重なることによってくすんだ色合いになってしまうのです。

黒と白・黄と紫・赤と青緑のように、補色関係にある両者を混色すると灰色になる性質が作用しているのだと思い至りました。
a0034990_17543893.jpg


                                         同じお茶ですが粉引きの碗と比較すると明らかです。
by hashibamig | 2015-01-26 17:54 | 井戸茶碗
<< 踏み込んじまった・・・ コレとなればアレでしょう >>